漫画作品紹介

【サッカー漫画】「BE BLUES!」あらすじ!キャラ(登場人物)!魅力!感想!


週刊少年サンデーにて連載の漫画
「BE BLUES!~青になれ~」
について紹介させていただきます。

日本代表を目指し、
怪我にも屈せず、励むスポーツ漫画です。

基本情報

作品名 BE BLUES!~青になれ~
ジャンル スポーツ(サッカー)
掲載漫画雑誌 週刊少年サンデー
掲載期間 2011年第9号~
既刊単行本 第38巻(2020年2月24日現在)
作者 田中 モトユキ
公式サイト https://websunday.net/rensai/beblues/

あらすじ

日本代表になることを目指し、
日々練習に励む一条龍だが、
小学生時代に思わぬ事故により、
2年間のリハビリを強いられます。
その後、復帰するも昔ようにはいかないようです。

キャラ(登場人物)プロフィール

一条 龍(いちじょう りゅう)
サッカーが大好きで、
夢は日本代表になることです。
自ら、計画をやりとげるタイプだといいます。
個人プレーもチームプレーもできます。

青梅 優人(おうめ ゆうと)
優希とは双子の兄です。
一条龍とは幼なじみである。
性格は優しいが、気が弱いです。
一条龍が怪我をする原因を作ってしまいます。

青梅 優希(おうめ ゆき)
優人とは双子の妹です。
一条龍とは幼なじみである。
一条龍のリハビリを手伝います。

城 立彦(じょう たつひこ)
小学生時代、一条龍と同じチームでした。

桜庭 巧美(さくらば たくみ)
個人技なプレーをします。
荒い性格から問題児として扱われます。

渡辺 健太(わたなべ けんた)
GK(ゴールキーパー)
あだ名はナベケンです。

ミルコ・コヴァッチ
旧ユーゴ監督です。
小学生時代から一条龍のプレイに注目しています。

アンナ
ミルコ・コヴァッチの孫娘です。
怪我に苦しみますが、
一条龍のプレイを見て、リハビリに励みます。

3つの魅力

魅力①:怪我に屈しない強い意志を持ちます。

一条龍は小学生時代、怪我に苦しみますが、
諦めずにリハビリに励みます。

復活の瞬間は感動します。

魅力②:仲間との友情に溢れています。

青梅優人は一条龍が復帰することを信じ、
練習に励みます。

復活後、
一条龍と共に試合できることを望んでいます。

青梅優希は一条龍のリハビリの手伝いをします。

復帰はできないと否定するものもいますが、
諦めません。

魅力③:小学生時代からの繋がりが続きます。

一条龍、青梅優人、青梅優希、
はもちろんのこと、他にも多くの小学生時代から
すでに出会っている選手と再開します。

初巻から続いているのだと感じさせてくれます。

感想

怪我に屈しない姿を見ると励まされます。

私自身、苦しんでいることを
もう少し頑張ってみるかと思わされました。

おわり

今回は【サッカー漫画】「BE BLUES!」
について紹介させていただきました。

一条龍のプレイに勇気づけられます。

真剣にサッカーをする作品となってます。

関連記事

今回は以上です。



問い合わせ





カテゴリー
アーカイブ
ブロガー
ことだま
マンガ、アニメが好きです。 漫画週刊3誌、月刊2誌定期購読は1年以上になります。 dアニメストア利用1年7ヶ月以上です。 Luce Twinkle Wink☆ファン歴2以上になります。