漫画作品紹介

【高橋留美子先生最新作】「MAO」あらすじ!キャラ(登場人物)!魅力!感想!


週刊少年サンデーにて連載の漫画
「MAO」について紹介させていただきます。

『犬夜叉』『めぞん一刻』『うる星やつら』
『らんま1/2』『境界のRINNE』
『1ポンドの福音』
と数々の名作を作り上げた
「高橋 留美子」先生の最新作です。

基本情報

作品名 MAO(マオ)
ジャンル ダークファンタジー、妖
掲載漫画雑誌 週刊少年サンデー
掲載期間 2019年第23号~
既刊単行本 第3巻、既刊大増刷!(週刊少年サンデー2020年第9号より)
作者 高橋 留美子
公式サイト WEBサンデー|MAO■高橋留美子

あらすじ

黄葉菜花は小学一年生時、
家族と乗用車で五行町を通りかかっていた際に
陥没事故に巻き込まれた。
その際に両親は死亡してます。

中学3年生になり、
事故現場のシャッター街を通ると、
大正時代へタイムスリップします。

そこで陰陽師である魔緒と出会います。
その翌日、菜花の身体能力が覚醒した。

自身の「」を解き明かすため、
菜花は摩緒と行動を共にする。

事件現場の歴史と猫鬼、
そして摩緒と菜花の謎が
少しずつ明らかになります。

キャラ(登場人物)プロフィール

黄葉 菜花(きば なのか)
中学3年生、女の子
小学1年生時、事故で両親を亡くしてます
現在は祖父母、魚住さんと暮らしてます。

タイムスリップした先であった魔緒に
妖だといわれる。

魔緒(まお)
黄葉菜花が大正時代へタイムスリップしたときに
出会った少年です。
陰陽師として占ったり、
病気を治したり、妖と闘ったりします。

乙弥(おとや)
魔緒の式神です。
人形に魔緒が霊力を込めて生まれた。
魔緒の下働きをしている。

白羽(しろは)
黄葉菜花の同じクラスの男子
菜花が好き。

魚住さん(うおずみさん)
使用人?
黄葉菜花に毎朝、
スムージーを渡して飲ませます。

用語説明

蟲毒
クモやムカデやヘビや毒虫とか諸々入れて
食い合わせ、最後に生き残った一匹を指します。

猫鬼
多くの猫を闘わせ食い合わせ、
最後に生き残った蟲毒のことです。

寿命を操る方法を知っている。

3つの魅力

魅力①:謎が少しずつ明らかになります。

黄葉一家が巻き込まれた事故の謎、
黄葉菜花自身の謎、魔緒の謎、
多くの謎が少しずつ明らかになります。

魅力②:妖との闘い

謎を解明するために魔緒、黄葉菜花が
行動しますが、その際に妖と闘いをします。

バトルシーンは少年誌における
醍醐味のひとつではないでしょうか。

魅力③:高橋留美子先生の昔ながらの作風

長い間、多くの名作を編み出して
こられた高橋留美子先生の作風
見られるのは嬉しいことです。

感想

「高橋留美子」先生の作品は
『犬夜叉』の頃から読んでいます。
変わらない作風で嬉しく思います。

今回の作品MAOは謎が多く、
理解しがたい用語も多いため、
1巻から読んでないと迷子になります。

今後も謎が解明されていくことを
考えますとワクワクします。

おわり

今回は【妖漫画】「MAO」
について紹介させていただきました。

「高橋留美子」先生の作品であることから
アニメ化することはほぼ間違いないでしょう。
楽しみにしてます。

関連記事

2020年【連載中、全漫画紹介】「週刊少年サンデー」おすすめ5選!

2020年【連載中、全漫画紹介】「週刊少年チャンピオン」おすすめ5選!

今回は以上です。



問い合わせ





カテゴリー
アーカイブ
ブロガー
ことだま
マンガ、アニメが好きです。 漫画週刊3誌、月刊2誌定期購読は1年以上になります。 dアニメストア利用1年7ヶ月以上です。 Luce Twinkle Wink☆ファン歴2以上になります。