漫画作品紹介

【舞妓さんの日常漫画】「舞妓さんちのまかないさん」あらすじ!キャラ(登場人物)!魅力!感想!


週刊少年サンデーにて連載の漫画
「舞妓さんちのまかないさん」
について紹介させていただきます。

キヨは舞妓さんたちのために、
まかないさんとして料理を作ります。

基本情報

作品名 舞妓さんちのまかないさん
ジャンル 花街と舞妓さんの日常
掲載漫画雑誌 週刊少年サンデー
掲載期間 2017年5・6号合併号~
既刊単行本 第12巻(2020年2月22日現在)
作者 小山 愛子(こやま あいこ)
公式サイト WEBサンデー|舞妓さんちのまかないさん

あらすじ

舞妓さんになるため、
キヨは青森から京都へ上京しました。

ある日、舞妓さんの料理を
作っていたおばちゃんが倒れ、
舞妓さんはしばらくお弁当を食べてました。
ところが、お弁当は飽きた、手料理が
食べたいと舞妓さんちはいいます。

そんな時、キヨは舞妓は向いてない、
青森に帰るように言われたこともあり、
舞妓さんに料理を作ることになります。

キャラ(登場人物)プロフィール

キヨ
16歳、女の子
青森出身

元々は舞妓さんになるために、
上京してきました。
しかし、台所で倒れたおばちゃんの代わりに
料理を作ってからは
屋形のまかないさんとして働いている。

料理は青森のおばあちゃんに教わりました。
舞妓さんのわがままも真摯に受け止めて
期待に応えようとします。

キヨのおばあちゃん
青森に住んでいる。
キヨに料理を教えた

市のおかあさん
キヨの働く屋形の女将さん

すーちゃん
キヨの幼なじみ
キヨと同じで青森出身

舞妓さんとしてうまくいっているようです。
キヨと一緒に青森から上京してきました。

健太
キヨと同じで青森出身

野球をするために東京の難関高に合格する。

3つの魅力

魅力①:舞妓さんの日常に触れられます。

屋形で共に暮らす舞妓さんにはルールがあります。

そのルールの中、窮屈な思いをしつつも
助け合いながら舞妓さんの仕事をします。

魅力②:家庭で作れる料理を学べます。

普段、一般の家庭で作るような料理が中心です。

おにぎりや親子丼、ハンバーグ、
登場する料理は身近なものばかり
容易に頭に入ってきます。

魅力③:頑張り屋のキヨに心打たれます。

キヨさんは舞妓さんのわがままにも
真摯に受け止めて期待に応えようとします。

淡々とこなすキヨさんを見ますと
愚痴をこぼしているのが恥ずかしくなります。

感想

小山愛子先生の絵は可愛いでもキレイでもなく、
柔らかい癒しを感じます。

個人的に週刊少年サンデー2020年7号の
「水曜日のDiary(ダイアリー)」のすずめは
すばらしいと感じました。

おわり

今回は【舞妓さんの日常漫画】「舞妓さんちのまかないさん」
について紹介させていただきました。

あまり知られていない舞妓さんの日常を覗くことができます。
料理は身近なもの多いです。
普段料理をされている方は参考にされてはいかがでしょうか。

関連記事

2020年【連載中、全漫画紹介】「週刊少年サンデー」おすすめ5選!

2020年【連載中、全漫画紹介】「週刊少年チャンピオン」おすすめ5選!

今回は以上です。



問い合わせ





カテゴリー
アーカイブ
ブロガー
ことだま
マンガ、アニメが好きです。 漫画週刊3誌、月刊2誌定期購読は1年以上になります。 dアニメストア利用1年7ヶ月以上です。 Luce Twinkle Wink☆ファン歴2以上になります。