漫画作品紹介

【青春ゾンビ活劇漫画】「ゾン100」あらすじ!キャラ(登場人物)!魅力!感想!


月刊サンデーGX(ジェネックス)にて連載中の漫画
「ゾン100~ゾンビになるまでにしたい100のこと」について紹介させていただきます。

主人公の天道輝は元ブラック企業正社員でした。
ゾンビの世界になったことをきっかけに
仲間と共に人生を謳歌します。

人生とは楽しむものである。
そのことを教えてくれます。

基本情報

作品名 ゾン100~ゾンビになるまでにしたい100のこと~
ジャンル 青春ゾンビ活劇
掲載漫画雑誌 月刊サンデーGX(ジェネックス)
掲載期間 2018年11月号~
既刊単行本 第4巻(2020年2月21日現在)
原作者 麻生 羽呂
作画 高田 康太郎
公式サイト https://www.shogakukan.co.jp/books/09157561
原作者Twitter twitter.com
作画担当Twitter twitter.com

あらすじ

ブラック企業で働く天道輝はゾンビ映画を見て、
ブラック企業よりゾンビがいる世界の方が
いいと考えます。

ある日、マンションの管理人がゾンビに
なっているのを見て、ゾンビがいる世界に
なったことを認識します。

その後、親友のケンチョ、
たまたま出会った三日月閑と共に
人生を謳歌します。

天道輝が自身で作成したゾンビになるまでに
したい100のことをするため、突き進みます。

キャラ(登場人物)プロフィール

天道 輝(てんどう あきら)
24歳、男性
元ブラック企業正社員でした。
性格は楽観的である。
学生時代はラグビー部に所属していた。
ブラック企業であることを
理解しつつも数年、勤める。

ブラック企業よりもゾンビがいる世界の方が
ましだと考えている。
ゾンビがいる世界で人生を謳歌します。
ゾンビになるまでにしたいことを決め、
ひとつずつクリアしていきます。

ケンチョ
大学時代、
天道輝と同じラグビー部に所属していた。
天道輝が気を許している友人である。
イケメンで口が達者であり、
サービス精神旺盛なムードメーカーです。

元不動産営業マンである。
仕事は順調でしたが、
本当はお笑い芸人になりたかった。

三日月 閑(みかづき しずか)
若い女の子
ゾンビにならないためにすべき100のことを調べ、
生きるためにゾンビについて研究している。

自らの意思で、
天道輝やケンチョと共に行動します。

鳳 沙織(おおとり さおり)
若い女性
天道輝と同じ会社の経理担当でした。
密かに天道輝が思い寄せている相手である。
天道輝が勤める会社の社長の愛人だった。

小杉リーダー
天道輝が勤める
ブラック企業のリーダー職にあたる。
威圧的なパワハラ上司である。

3つの魅力

魅力①:人生とは楽しむものであると気づかせてくれます。

元ブラック企業勤務の天道輝は
ゾンビの世界になっとことを喜びます。

今までやりたくてもできなかったことをして
人生を謳歌する姿は本来、
人生とは楽しむものだと感じさせてくれます。

魅力②:ゾンビになるまでにしたい100のこと

天道輝が自ら作成している
ゾンビになるまでにしたい100のこと
に記載していることをします。

内容は何があるのかは最初の時点では
途中までしか明かされていません。

天道輝は完遂することができるのか。
また、どのような内容を今後、
追記していくのでしょうか。

魅力③:天道輝は明るく見ていて楽しくなります。

天道輝は楽観的で見ていて楽しくなります。
自身のやりたいことに一直線で、
やりたいことができないなら
ゾンビになった方がましだと考えます。

その姿を見ると気持ちが
明るく楽しい気分になります。

感想

ゾンビの世界は本来は暗い印象があります。
しかし、「ゾン100」の読みますと、
実はゾンビ世界よりもブラック企業の方が
地獄なんだと感じます。

嫌なら辞めたらいい。
嫌な仕事を辞める手伝いにもなるでしょう。

おわり

ゾン100は私自身、今読んでいる連載中作品の中で一番好きな作品です。
こんな爽快で面白い作品があるのか。
そんなことを思わず、
口にだしてしまいそうになります。

関連記事

今回は以上です。



問い合わせ





カテゴリー
アーカイブ
ブロガー
ことだま
マンガ、アニメが好きです。 漫画週刊3誌、月刊2誌定期購読は1年以上になります。 dアニメストア利用1年7ヶ月以上です。 Luce Twinkle Wink☆ファン歴2以上になります。